カフェ再開と旅の思い出

 

蔵庭日記、久しぶりの更新です。3月の営業カレンダーを更新しました。

年末から東京の実家へ戻り、そのまま今年の1月はニュージーランドで過ごしてきました。ご存知のとおりの大自然と、オーガニック的でゆるやかな暮らし、きっと美味しいであろうカフェの食べものやコーヒー、楽しいに違いないファーマーズマーケット、ワクワクするような景観とロングドライブ。こんなイメージがあってか妻も僕もずっと行きたいと思っていた国でした。

結果、期待以上の素晴らしい国で、現地に友人もでき、今すぐにでも行きたくなるほど大好きになってしまいました。

滞在中の食事は99%妻と息子の意向に従いましたが100発100中の店選びで本当に美味しいものにありつけてびっくり。想像以上にカフェやレストランのクオリティは高く、それでいて必ずしも高いわけではないのが嬉しいです。ベジ料理もたくさん楽しめましたし、やっぱりレベルが高い。(「ベジって美味しくない」と思っている日本人は多い印象を僕は持っていますがそういう思い込みはニュージーランドで覆るかも知れません!)

宿泊先も基本はAirbnbかBookingcomで前日か当日に決めることも多かったのですが、やはり安いところはいっぱいあります。キャンピングカーで引っ張るようなトレイラーに泊まったりもしました。キャンパーやバックパッカーが多く、宿泊施設には事欠かないほど充実しています。北島はオークランドから南島はクライストチャーチまでを基本ルートにしてあちこち行きましてトータルで1,500kmは走ったと思いますが、気持ち良いので楽勝です。

そして何より気候。もちろん1月は夏ですが平均25度で湿気はほとんどありません。いやな虫も気づかないほどいませんし、自然は手付かずの場所でも本当に綺麗、どこへ行っても人は多くなく、とにかく過ごしやすい。ニュージーランドは映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地としても有名ですが、この国はたくさんの映画ロケ地に実によく登場します。それほどロケーション豊かな国なんですね。

星空やフライフィッシング、サーフィン、トレイル、フィヨルドの大自然など行きたい場所ややりたいこともまだまだたくさんあるので、すでに2021年の1月の旅先はニュージーランドで決まりです。アゲイン。ちょうどこの頃にワイン&フードフェスティバルがそこらじゅうで開催されるのでそれにも行きたい。そうそう、ニュージーランドのワイナリー(僕らが行ったのは南島のマールボロサウンズ地方のブレナム)は驚くほど綺麗です。

…と書き出すととまらなくなりますが、こんなご機嫌なトラベルを楽しんできましたので妻はカフェの春限定メニューとして”ニュージープレート”をただいま試作中、それからニュージランドで仕入れたドリンクもご用意します。詳しくはまたお知らせします。

僕は今回は昨年の欧州旅行以上に写真を撮ってきました。この続きは自主制作タブロイド『TRAVELLING 2』の発行を決めまして、そこに思う存分表現しますのでどうぞ楽しみにしていてください。その前にやるべき仕事が溜まりに溜まっておりまして(汗、大幅に発行が遅れていますが鋭意制作中です。(そして今回も無料ですよ!)

というわけで3月6日(金)よりカフェ再開です。

コロナウィルスが世界をパンデミックしかけているので外出しづらくなりますし、気持ちもまいってしまいます。島根の地域経済にも影響がないとは言えないでしょう。それでも少しでも楽しいことを見つけ、元気よく今年も蔵庭をやっていきたいと思っています。2020年も蔵庭をどうぞよろしくお願いいたします。

Beautiful Land,New Zealand!